日本で暗号通貨を売買出来る取引所

イメージ画像:日本で暗号通貨を売買出来る取引所

Mt.Gox(マウントゴックス)破綻以来、暗号通貨取引所の安全性が課題となっており、以来立ち上がった取引所のホームページを見ると、どこもセキュリティに万全の対策を施していることを強調している。

日本国内の主な取引所としては、Bitbank(ビットバンク)、Kraken(クラケン)、bitFlyer(ビットフライヤー)、BTCBOX(ビーティーシーボックス)、Coincheck(コインチェック)、Zaif(ザイフ)等があげられるが、それらの取引所が示しているのがSSL通信、コールドウォレット、2段階認証、資産分別管理、マルチ・シグといった対策群だ。

また資本金の額も、どれだけの資金を調達し本腰を入れているかという一つの指標と言えるかもしれない。

取り扱い通貨もビットコインだけでなくライトコイン、イーサリアム、モナーコインなどを扱う取引所もあり、消費者はその特徴を見て自分の希望にあう取引所を選ぶということになるだろう。

以前は取引所がMt.Goxしかなかったが、これだけ選択肢が増えた現在は健全化が進んでいると言えるだろう。

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ