イングランド銀行エコノミスト Ledger誌に参加

イメージ画像:イングランド銀行エコノミスト Ledger誌に参加

暗号通貨に熱心な査読アカデミック雑誌、Ledger(レジャー)がイングランド銀行のエコノミスト・研究者を編集委員会に加えた。

編集委員、Michael Kumhof博士はイングランド銀行内で研究を行う新しい企業の主席研究アドバイザーで、そこで研究課題をまとめることを助け共に進めている。

彼の研究の関心は主にデジタル通貨を含めた金融の変革、マクロ経済における銀行の役割と不均衡や危機を引き起こす経済的不平等の役割などである。

イングランド銀行の前職では、彼はIMFのモデリング部門で副部長を務めた。

レジャーは2015年9月に発刊された最初の暗号通貨に熱心な査読アカデミック雑誌となった。

彼が発表した仕事はAERJMEAEJ MacroJIEJEDCJMCBEERJournal of Macroeconomicsなど、たくさんの雑誌に登場した。

ピッツバーグ大学、MITメディアラボとコインセンター(一部そのプロジェクトに投資した)の間の提携を通して形成されたLedgerは成熟したアカデミックな暗号通貨の研究を助けることを目的としている。

 

上記は以下ページの和訳です。

参照 http://www.coindesk.com/bank-england-economist-editorial-ledger/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ