ベン・バーナンキ氏 BITCOIN問題有と発言

イメージ画像:ベン・バーナンキ氏 BITCOIN問題有と発言

前連邦準備制度理事会 (FRB) 議長ベン・バーナンキ氏はビットコインについて新たに議論するというインタビューで、ビットコインに対して賞賛と批判の両方を与え、政府のブロックチェーン取引への見落としは知覚リスクに反していると提案した。

Quartzに話したところによると、バーナンキ氏はビットコインは技術の観点からは面白いとし、決済の世界において突如現れた広範囲に渡った発展を指摘している。

「我々は決済システムが急速に発展している世界におり、決済を管理する新たな手法が繁栄している。そしてビットコイン周辺のいくつかのアイデアはそれを行うのに役立つことは疑いもないだろう」と彼は伝えた。

しかし賞賛はそこで終わり、バーナンキ氏は続けた。

「しかし私はビットコイン自体はいくつかの深刻な問題を抱えていると思う。はじめにそれは価値の安定した源泉として現れてはいないことだ。その価値は非常に大きく上下変動し取引の仲介物として幅広く受け入れられてはいない」。

彼は政府高官にデジタル通貨の活動への監視をより深め調査することを提案し、ビットコインに見られる匿名性を強調、そして違法取引、違法ドラック販売、テロリストの資金繰りその他の手段としての役割を指摘した。

「そして、政府はその活動が行われるのをよく思っていません。それで私はビットコインや同様の通貨で行われる取引の監視があるだろうと思います。それはその(ビットコインや同様の通貨の)魅力を削減するでしょう」。

それらのコメントはバーナンキ氏が国会への投書の中でデジタル通貨のあり得る恩恵と危険性を強調してから2年後のものである。

 

上記は以下ページの和訳です。

参照 http://www.coindesk.com/ben-bernanke-bitcoin-serious-problems/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ