Bitcoin大いなる挑戦 16年1億ユーザー到達

マイケル・ジャクソン氏はSkypeの前最高執行責任者であり、現在はマングローブ・キャピタル・パートナーズにおけるベンチャーキャピタル投資家で、ビットコインウォレット提供企業Blockchainの理事という人物だ。

ここにおいて彼は世界中のユーザーを喜ばせその技術の価値を証明するビットコイン商品とサービスを2016年に作り上げる重要性を探求している。

(以下ジャクソン氏の言葉)

終世の科学技術者、エンジニアそして現在はマングローブ・キャピタル・パートナーズのパートナーとして、私はしばしば私の周りの世界に衝撃を与え変化させる力のある発展についてよく考える。

私はWWW(ワールド・ワイド・ウェブ)の解放が世界中の情報を解き放つのを目の当たりにしながら私の生涯を過ごした。

パラダイムシフトを起こす技術はそうそう起きない。

だから、その瞬間を捉えることは決定的だ。

現在誰かがブロックチェーンについて語るのを聞かずに、ヨーロッパのどこかでアクセルに足を踏み入れるのは不可能だ。

ブロックチェーンはまだどこにでもありふれた状況ではない。

コインデスクの多くの読者が既に知っているようにそれは広く誤解され続けている。

ビジネスがブロックチェーン技術を使用できることを言うだけなら余り意味がない。

ビジネスとはユーザーとの恒久的な関係を築き上げ、コミュニティをつくることによる、日々の骨の折れる退屈な仕事の中にある。

あなたはひどい商品で良いチームを持つことも出来るし、全く実行することなしで素晴らしいアイデアを持つことも出来る。

成功には一貫したエネルギー、戦略、粘り強さとビジョンの応用が必要だ。

しかしとりわけ、人々が感謝する商品を届けることが求められる。

ビットコインとブロックチェーン企業はまず問題解決に焦点を当て、そしてそれから顧客を喜ばせるサービスとソフトを作る必要がある。

2015年現在、私たちは問題をまだ解決出来ていない。

そして私たちは顧客を喜ばせることからまだ遠い。

 

(明日に続く)

上記は以下ページの和訳です。

参照 http://www.coindesk.com/2016-bitcoin-challenge-100-million-users/

 

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ