Bitcoinウォレット新興企業いまユーザーに信用拡大

イメージ画像:Bitcoinウォレット新興企業いまユーザーに信用拡大

ビットコイン決済スタートアップBitPagos(ビットパゴス)は現在そのウォレットユーザーにRipio(リピオ)ウォレットの提供を通してクレジットへアクセスを与えている。

開始時、それはアルゼンチンの選ばれたユーザーに対して利用可能になる予定だ。

そしてユーザーはそのサービスから直接ビットコインで500ドルから1000ドルの間で借りることが出来るだろう。

ユーザーはそのローンをそれから3ヶ月から6ヶ月の分割払いで利子を付けて返済することになるだろう。

RipioとBitPagosの最高経営責任者Sebastian Serrano氏は彼のチームがデジタル通貨をオンライン顧客のためによりアクセスしやすいものにしようと模索していると述べた。

Serrano氏はこう語った。

「現在もしあなたがビットコインユーザーなら、決済という点に関してデビットカードを保有していると同じことになる。あなたはビットコインを購入することであなたのウォレットにお金を入れる必要があり、そしてお金を使うときあなたは実際のお金を使っていることになる。それはあなたが持つお金である」。

さらにその企業は伝統的な金融商品を超えたこのシステムの恩恵を強調した。

それはクレジットカード・銀行口座・口座維持費用を必要としないということだ。

開始時、Ripioはその決済サービスのトライアルに対して取引先を選び一緒に仕事を進めている。

サービスには地元の電子商取引スタートアップで昨年ビットコイン決済受け入れを始めたAvalanchaを含んでいる。

Avalanchaはビットコインのクレジットで購入する顧客に10%の割引を与える予定だ。

Serrano氏はRipioが1年以上の間そのコンセプトに従事し、今までのところそれをコミュニティがビットコインネットワークを決済のレールとして使用することが出来る別の方法と見ている、と述べた。

「私たちは解決策を築くことに特化してきた」と彼は言った。

加えて「これは私たちが決済する方法あるいは私たちの顧客がよりシームレスな形で決済を行う方法である」。

 

参照 http://www.coindesk.com/bitpagos-bitcoin-wallet-credit/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ