メディア、サトシ捜索追走。Bitcoin見出しに

イメージ画像:メディア、サトシ捜索追走。Bitcoin見出しに

ビットコインの謎めいた創造者ナカモトサトシの存在についての思索は今週、技術系オンライン雑誌WiredとGizmodoが双方ともオーストラリア起業家のCraig S. Wright氏がそのデジタル通貨の創造に大きな役割を演じたと報じたことにより、新たな高みに到達した。

その仮面を剥いだという可能性はその大いなる暴露とそれに続く警察の捜索、そしてオーストラリア税務署による取調べの兆候を報じた国際的な主要メディアにわたって興奮のさざ波を引き起こした。

ビットコインの熱狂的信奉者はおそらくカリフォルニア在住のドリアン・サトシ・ナカモト氏がそのニュースに懐疑的な態度で反応したニューズウィーク紙による悪意があり、かなり誤った指摘を含めて、以前のナカモトの存在を解読する試みに対し辟易しているだろう。

GizmodoとWiredの報道の後を追って、いくつかの報道機関がすぐにその証拠に対する自社の立場を申し出て最初の主張に対する疑いを投げかけた。

昨年のニューズウィーク紙のナカモト探しの試みに続き、WiredとGizmodoはWright氏がビットコインの背後にいる可能性のある人物とし、先週のニュースの流れを導いた。

Wiredの記事は次のように始まる。

「ラスベガスで行われたビットコイン投資家達の会議において聴衆の10フィートは上に彼の顔が高くそびえたときでさえ、Craig Steven Wright氏は暗号通貨と金融オタクの聴衆のほとんどに対して無名であった」。

Wright氏は-ジャーナリストが説明するには-その会議にスカイプで登場し、黒のブレザーとカジュアルなシャツという控えめな衣装を着ていた。

「彼の名前は会議の基調演説をする人物には連ねられていなかった」と彼らは加え、パネル司会者でビットコインブロガーのMichele Seven女史でさえ、なぜ彼がそこにいるのか聴衆は分からないだろうと心配したようだ。

Wright氏は伝えられるところによれば自己紹介を始め、Seven女史が話を遮って彼が誰なのか尋ねたときにそのオーストラリア人は、「あらゆることを少しはかじっている」と応えたとのことだ。

その三つぞろいによればSeven女史はWright氏がビットコインを始めた理由を質問しながら、彼が何か隠しているかもしれないと気づいた。

「彼は笑顔を抑えているように見えた。そのパネルの司会者は続けた。彼の最近7年間における不明瞭の中、もう飽き飽きしたに違いないことのために、Wright氏はWiredによるここ数週間の彼についての研究が、彼が大声で叫ぼうとしているかもしれないと指摘する、その言葉を言うことはなかった」。

「私がナカモトサトシ、ビットコインの創造者だ」。

 

(以下、次回に続く)

上記は以下ページの和訳です。

参照 http://www.coindesk.com/media-caught-up-in-search-for-satoshi-bitcoin-in-the-headlines/

 

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ