【続き】ビットコイン、2015年の勝者に

イメージ画像:【続き】ビットコイン、2015年の勝者に

(昨日の続き)

「彼らは相互に関係しない資産への投資を求めている」とオーコーネル氏は言う。

そして金融企業は定期的に彼の事務所に来てビットコイン取引の方法を学んでいったと説明する。

「私はいまだ彼らが多かれ少なかれそれを危険な投資と見做しているのだと思う。しかし彼らの、まず試してみようという意志は劇的に増加している」。

もう1つのビットコインに関する重要な傾向は徐々にその送金決済のための技術と金銭的に厳しい世界地域における日常通貨として−そしてほとんど無視してよい程度の手数料の構造−の関心が高まってきたことだ、とオーコーネル氏は語った。

その潜在的可能性は夏のギリシャ危機の間、技術に関する討論の最前部となった。

その国家が益々もの凄くなるユーロ圏の交渉に直面し資本統制を敷いた時、数えきれない程のビットコイン関連記事がその苦労する市民のために書かれた。

それらの予言がすでに実現したかは明らかではないが、ビットコイン関連の投資家はその積極的なマスコミによる報道は少なくともビットコインの潜在的可能性についての意識を高めたと話す。

最後にビットコインは単純に悲惨な見出しがない事から利益を得たのかもしれない。

多くのトレーダーはその暗号通貨が失敗した交換所マウントゴックスが、85万ビットコイン(現在価格で約3億6500万米ドルの価値がある)を消失したといった後、2014年にすぐ閉じたことへの意気消沈により血を流したと言う。

2013年末近くでビットコインが1,150米ドル以上から下落し、その1月には200米ドルくらいになったことはその資産にとって長い冬を意味した。

そう語るのは経済学者のTuur Demeester氏だ。

氏はビットコインに特化したAdamant Researchの編集長だ。

2015年の話は故に、そのデジタル資産のために底入れし再評価されようとしている。

ビットコインの最高値からの下落−Demeester氏が語った−は2013年(マウントゴックスの力を借りた)バブリシャスな投資の結果だとする。

価格レベルは企業がかなり長期に渡り不況に落ち込んでいるため不況のままだった。

そして大幅な売却へと圧迫された、と彼は語った。

2016年に関して、Demeester氏は新たな自信のある投資家が正しい市場評価を求めるため、その暗号通貨は優位になると言った。

「しかし」彼は言った。

「ビットコインについてはあなたは驚くことを期待すべきである」

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ