ビットフィネックス、ビットコインハッキングの原因未だ不明

イメージ画像:ビットフィネックス、ビットコインハッキングの原因未だ不明

顧客の資金6千万ドル以上を失った約2週間後、ビットフィネックスはどのようにその盗難が行われたか特定出来ていないと報告している。

今日早い段階で発表された声明で、その取引所はブロックチェーンコンサルタント企業でシェイプシフトのサイバーセキュリティ問題で契約されたレジャー・ラブスを雇ったと報告した。

ビットフィネックスは更にハッキングに照らして保管オプションを再評価していると言った。

その事件は取引所が顧客の保有額に対して36%のカットを課すことを強いており、論争をかき立て続ける動きだ。

現在のところ、ビットフィネックスはセキュリティパートナーであるビットゴーにより提供されているツールの使用を停止し、資金を維持するために設定されたホットコールドウォレットを利用し始めている。

ビットフィネックスはまた、ソーシャルメディアを介して回復を奨励するのを促す資金に貢献していないとの批判に応答した。

取引所は発表で次のように述べた。

「運営側は私たちの顧客を一つにするためにビジネスの全保有額を約束しました。更に申し上げれば、ビットフィネックス上のいかなる資産を持つ私たちのビジネスのトップも従業員も損失の配分の対象でした。私たちは皆さんに私たちがその損失を正確に感知していることを企業としても個人の顧客としても約束します」。

ほかの場所ではビットフィネックスはセキュリティと金融監査そしてセキュリティシステムの再構築に支払うためにある一定額を押さえておくことを認めた。

取引所は預金のいくらかがまた損失を穴埋めするために顧客に発行されたデジタルトークンの再購入に向けられるだろうと語った。

「私たちは積極的に、あるトークン資格保有者をビットフィネックスの株主へと変え、新たな資本と収入を通して、残っているBFXトークンを取り戻す取り組みに従事している」

とその企業は語った。

 

参照 http://www.coindesk.com/bitfinex-most-user-funds-offline/

 

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ