ビットフィネックス、ビットコイン返金計画を更新

イメージ画像:ビットフィネックス、ビットコイン返金計画を更新

ビットフィネックスは今年早々に起こった交換所へのハッキングによって資金を失ったアカウント保有者に返金するために新たなステップを踏み出しました。

今週のブログ投稿で、その困難に陥った交換所は2つの特別な目的の媒体(SPV)によって、そのデジタル資産を親会社であるアイフィネックス(iFinex Inc)の株と交換するためにアカウント保有者に利用可能になる予定だ、と発表しました。

交換所は8月2日の12万BTC(7200万ドル)のハッキング被害に遭った後、BFXトークンと呼ばれる資産をアカウント保有者に対して発行しました。

交換所が述べたことによれば、1つのSPVはクラウドファンディングプラットフォームBnkToTheFutureとの提携で作り出され、もう1つは投資家アリスター・ミルン氏によって組織された取り組みの一部ということでした。

両方のSPVともにアカウント保有者がBFXトークンをアイフィネックスにおいて1ドルの受益権と交換することが出来る、と述べられました。

そのニュースはビットフィネックスがハッキングで経験した損失をアカウント保有者に渡って分散し、8月10日に交換所が再開した時に奇抜な金融商品を与えたその決定に続く最新のものです。

それ以来、トークンはBFXティッカーの下にある二次的な市場で取引されてきましたが、ビットフィネックスはその資産をリスト化している唯一の交換所のままです。

トークン発行に対する市場の反応は混在している一方、ビットフィネックスはアカウント保有者に対しそれを分配してから肯定的なサインを提供してきており、9月1日には1ドルの価値のあるトークンを市場ではそれ以下で取引されてきた事実にも関わらず、1%以上買い戻していることを発表しました。

交換所とその履歴についての詳細は、私たちのこちらの最新プロファイルをご覧ください。

 

参照 http://www.coindesk.com/bitfinex-issues-hack-repayment-plan-update/

 

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ