BitPayがMicrosoftのBlockchainプラットフォーム参加

イメージ画像:BitPayがMicrosoftのBlockchainプラットフォーム参加

マイクロソフト社はそのクラウド型Azureプラットフォームのために、やがて入手出来るであろうblockchain-as-a-service (BaaS)の販売について最新情報を発表した。

ブログ投稿で米国金融サービス戦略ディレクター、Marley Gray氏はビットコイン決済企業BitPay、ブロックチェーン報酬プラットフォームManifold Technology、ビットコイン税金サービスLibraTaxそして所有権証明ブロックチェーンサービスのEmercoinを含め、4つの新たなパートナーがそのプロジェクトに参加したことを明らかにした。

ベンチャーキャピタルで集めた3,200万ドル以上の資金で、BitPayはAzureブロックチェーンの販売に参加する大多数の小規模で早期段階のブロックチェーン新興企業や非中央集権型プロジェクトの中で最も資金を集めた新興企業だ。

BitPayはCoinDeskに対して、オープンソースのビットコイン・フルノードとその発展サービスBitcoreがプラットフォームに加えられる売り物だと語った。

10月終盤に最初に明らかとなったが、そのマイクロソフト社のサービスの提携企業はすでに新興企業のCoinPrism, ConsenSys, Eris IndustriesFactomを含んでいる。

マイクロソフト社はまたブロックチェーン新興企業Ripple(リップル)によって創造されたInterledger protocolのためのサポートをどのように加えるか探求していることも示した。

Gray氏は公式な開始のために準備しながら、さらに数週間のうちにAzureプラットフォームに他の企業名が加えられることを指し示した。

 

上記は以下ページの和訳です。

参照 http://www.coindesk.com/bitpay-microsoft-blockchain-platform/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ