BNPパリバ選出Blockchainスマートコントラクト新興企業

イメージ画像:BNPパリバ選出Blockchainスマートコントラクト新興企業

法律関連書類のためのブロックチェーンに依拠したスタートアップ、コモンアコード(CommonAccord)はBNPパリバの新たなフィンテック・アクセレレーター、L’Atelierに選ばれた8つのスタートアップのうちの1つだ。

CommonAccordの目標は契約書や許認可のような法的文書を転送するためのグローバルなコード(暗号)を創造することだ。

そのスタートアップはブロックチェーンやGitHub、Eメールの転送を使ってお互いにファイルを一致させる参加者の分散型ネットワークを開発したいと思っている。

しかしコモンアコードによれば、ブロックチェーンの力がスマートコントラクトを使用するルーティン機能を自動化し、法執行に利用することが出来る不変の台帳を提供するために特に重要だとのことだ。

ハーバード・バークマンセンターにおけるビットコインの法律関係の専門家Primavera De Filippi氏によって開発された構文解析プログラムはコモンアコードがピア・ツー・ピアの取引を支えるために使われている。

フランスの多国籍銀行 BNPパリバは12月からスタートアップを支え典型的なソリューションを開発するため、そのアクセレレーターを設けた。

暗号通貨とブロックチェーン関連スタートアップはL’Atelierのシーズン1の一部になるために応募した142件のスタートアップのうち3%を占める。

決済やサイバーセキュリティ、法令遵守と詐欺防止そしてポートフォリオ管理に特化したスタートアップがその沢山の応募を導いた。

参照 http://www.coindesk.com/blockchain-smart-contracts-bnp-paribas/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ