CFTCが公聴会でBlockchain技術を議論

イメージ画像:CFTCが公聴会でBlockchain技術を議論

米国商品先物取引委員会(CFTC)は今月後半の技術諮問委員会会議の間、デリバティブ市場におけるブロックチェーン技術の応用について議論する予定だ。

1/8に発表された告知によれば、公聴は1月26日にその機関のワシントンD.C.にある本社で行われるという。

会議は公開されている。

その告知は次のように書かれている。

「技術諮問委員会は次のことを議論する予定だ。(1)委員会で提案がなされた規制自動化取引(略称:Reg AT)、(2)データ交換の標準化と調和化、(3)ブロックチェーンと公開台帳技術をデリバティブ市場へ応用する潜在的可能性のある方法」とのこと。

機関は委員会に提出された如何なる文書も後にCFTCのウェブサイトで発表する予定だと語った。

公聴はCFTCが当初ビットコインと他のデジタル通貨を日用品として規制すると宣言した数ヶ月のことである。

決定はビットコインオプション取引プラットフォームに対する法執行に関連していた。

機関は後にビットコインスワップ実行施設のTeraExchangeに対し申し立てられた商品取引法違反について、罰則を課すことを決定した。

 

上記は以下ページの和訳です。

参照 http://www.coindesk.com/cftc-discuss-blockchain-tech-public-hearing-january/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ