Chain 無料Bitcoin APIサービスを一掃

イメージ画像:Chain 無料Bitcoin APIサービスを一掃

ブロックチェーン技術新興企業Chain(チェーン)は今年の終わりにその無料ビットコインAPIサービスを閉鎖することを発表した。

Chain-9月にVisaのサポートと3,000万ドルの資金を調達した-は、昨日ユーザーへのEメールでそのニュースを明らかにしたが、そこで創設者でCEOのAdam Ludwin氏は12月31日を以ってその商品をもはや提供しないであろうと語った。

彼の言葉の中で、Ludwin氏はその動きがビットコインサービス向けのAPIサービスからFirst Data、NasdaqやVisaのような現職の金融企業のためのデジタル資産発行パートナーへとChainの軸が変わることが理由の一部であると書き留めた。

Ludwin氏はこう書く。

「皆さんのほとんどがご存知の通り、昨年に渡りChainの焦点は金融機関がブロックチェーン上でデジタル資産を発行し管理できるようにすることへとシフトしました。2016年に入り、私たちは自身のビットコインに関する能力をこの企業プラットフォームへと巻きつけていくでしょう。私たちはもはやビットコインネットワーク上の無料プロジェクトをサポートしないでしょう」。

Ludwin氏はコインデスクに対してChainは現存する顧客をそのAPIから移動することに取り掛かっており、全ての顧客に対処するまではサービスを削除しないだろうと語った。

発言の中で彼は以前のChainの顧客は新たなプロバイダのための選択肢を欠くことはないだろうと信じていると加えた。

「ビットコイン産業は大きく成熟しました。そして以前にChainの無料棚で動いていたアプリケーションを取り入れるために多くのサービスが利用可能です」。

 

上記は以下ページの和訳です。

参照 http://www.coindesk.com/blockchain-startup-chain-bitcoin-api/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ