子ども援助組織ユニセフ、ブロックチェーン先導者求む

イメージ画像:子ども援助組織ユニセフ、ブロックチェーン先導者求む

ユニセフ基金はソフトウェア開発者で、かつブロックチェーンへの取り組みを導くのを助けられるコンサルタントを探している。

先週発表された委託事項によれば、それはユニセフの世界中の児童福祉を改善するという目標に一致し、どのようにその技術を活用出来るかを詳細に説明している。

特に見込みのある開発者、コンサルタントは研究・コンサルティングそして人道的目的のための応用の原型を作ることを助けることになるだろう。

ユニセフはアイデンティティと送金に特化する既存のプロジェクトに力を入れ続ける。

ユニセフが過去に言ったその2つの分野は、その鍵となる使用例を代表している。

ユニセフ代表ダナ・ザッカ―氏はコインデスクにこう述べた。

「私たちは知識と思考を伸ばしたいと思っています。それで私たちはどのようにブロックチェーンがユニセフの仕事に役割を担うかについての思考、研究そして使用例の創造に責任を以て導いてくれる人を連れて来たいと思っています」。

その役割はユニセフのブロックチェーン応用に向けた大きな戦略1つの側面を形成し、そのイノベーション部門を通してスタートアップに投資するという約束を含んでいる。

 

参照 http://www.coindesk.com/childrens-aid-organization-unicef-seeks-blockchain-lead/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ