コモンウェルス銀行、暗号通貨に興味津々

イメージ画像:コモンウェルス銀行、暗号通貨に興味津々

コモンウェルス中央銀行頭取たちは、デジタル通貨技術に対する自らの立場を明らかにする前に、金融政策にデジタル通貨が与える影響についてより厳密に調べたいとしている。

そのコメントは30ものコモンウェルス政府銀行頭取たちによる会議の間に届いた。

Commonwealth(コモンウェルス)は53の国家で構成される政府横断型の組織である。

政府の大臣や政府高官も出席していた。

デジタル通貨と国境を越えた決済に関する話題が、送金規制による否定的な影響といった幅広いテーマの一部として取り上げられた。

特に銀行が行うには危険すぎると考えられる金融関連ビジネスの口座閉鎖などについてである。

今日デジタル通貨産業に携わる多くの新興企業、オーストラリアや米国といった、よりその技術に進んだ理解を示している国々でさえ、基本的なサービスに接近することに苦労し続けている。

その会議では仮想通貨が費用を削減し、送金の効率性を改善する潜在的な可能性について探求することが意図された。

(中略)

デジタル通貨が送金の際の欠点を克服する可能性を持っている一方で、会議で何名かの頭取は貨幣処理と金融的安定について疑問を投じた。

コモンウェルス官房の引用によればJwala Rambarran氏(トリニダート・トバゴ中央銀行頭取)は次のように語った。

「コモンウェルス官房はその新たな技術の潜在的な可能性についての調査と知識を共有する鍵の役割を持っている。もし仮想通貨を規制すると決めるのなら、私たちはこの通貨によってもたらされる金融不安の危険性に気づいていない。ここが私たちが注意して決めなくてはいけない部分だ」。

会議の間、代表たちはその技術を詳述する最もよいやり方は何かについても議論した。

またHileman氏はその会議が肯定的なものであったとCoindeskに対して述べた。

「多くのコモンウェルス加盟国によって、暗号通貨がコストを削減し、伝統的な送金サービスの非効率性を削減する潜在的な可能性に対して大きな関心が示された」。

参照 http://www.coindesk.com/commonwealth-central-bankers-raise-bitcoin-policy-questions/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ