DAOハッキングにより暴落、今後の行方は…

イメージ画像:DAOハッキングにより暴落、今後の行方は…

Crypto-currency Market capで現在世界第5位に位置しているDAOが昨日謎のハッキング(6000万ドル相当のイーサの流出)を受け、その価格を暴落させた。

本日12:57現在、その影響はイーサは勿論、ビットコインその他上位に位置するコインに影響を及ぼしているようにも見え、全面安という状況になっている。

先日のブログでビットコイン、イーサ、ダオを分散保有しておくことが今後最高のポートフォリオになるかもしれないと述べ、イーサが最高値の20ドルを記録した直後だっただけに、正直ショックを受けている。

暴落直後にはイサリアムの共同創設者Vitalik Buterinはイーサとダオの取引を一時停止することが望ましいと述べた。

https://www.cryptocoinsnews.com/buterin-pause-ether-dao-trading/

皮肉にもコインデスクで、「DAOはイサリアムのマウントゴックスになるか?」という記事が6月9日に掲載されていた。

http://www.coindesk.com/dao-can-keep-becoming-next-mt-gox/

暴落直後、イーサとダオを個人的に預けているKrakenのサイトにアクセスしたがbad gatewayでログイン出来なかった。

暗号通貨はまだまだ技術的には新しく、このような問題が起きることを想定した上で個人は自分の資産を守らなくてはいけない。

暴落はどうしようもないが、取引所のサイトにアクセス出来ない事態に備えビットコイン・ライトコインなどの資産の「保管」先も分散しておいたほうがよいだろう。

少額を個人のウォレットに、大きな額はオフラインのハードウェア(またはペーパーウォレット)に移すとよいと思う。

個人としては元々イーサもダオも安い段階で購入していたので、今回の暴落でその利益を全部失ったが、損失にまでは至っていないのが不幸中の幸いだ。

今回の暴落を成長のための乗り越えるべき壁と考えるか、完全撤退とするか、否むしろ絶好の買い場と考えるか、判断は個々人に任せたいと思う。

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ