親愛なるロス・ウルブリヒトへ

イメージ画像:親愛なるロス・ウルブリヒトへ

以下は、ドラッグのeBayと呼ばれたネット市場「シルク・ロード」を創設し、現在刑務所に収監されている若きロス・ウルブリヒト氏に対して、その記念すべき誕生日にビットコイン・ジーザスの異名を持つ投資家ロジャー・ヴィアー氏が書いた手紙(和訳)です。

注)シルク・ロードでは取引にビットコインが用いられていました。


 

こんにちは、ロス。

私は手紙を書くのがそれほど上手いとは思わないのでただ自分の考えていることを言う。

事実、私はハリエット・タブマンが奴隷が奴隷主から逃れるのを助けたのと同じで、あなたが歴史に埋もれていくのではないかと思っている。

シルク・ロードをつくることであなたは何百万人もの平和的なドラッグユーザーが警察、麻薬取締局、FBIなどの形をした乱暴な抑圧者から逃れるのを助けて来た。

ハリエット・タブマンの時代には人口のほんのわずかな人しか自らを奴隷制廃止論者と見做さなかったが、時が経つにつれその考えは広がった。

今日、みんなが奴隷制廃止論者だ。

しかもその考えは当たり前すぎて多くの人はそれに対して特別な言葉があると気付かないほどだ。

同様に今日、ボランタリストは人口の中で少数派だがその数は急速に広がっている。

なぜなら平和的な人々へ暴力を使うことは社会を組織する上で受入れられる方法ではないと世界中の人が考えるからだ。

将来、私は他に選択肢があるとは気付くことすらないまでにみんながボランタリストになるだろうと思う。

私はただその日がまもなくやってくること、そして世界があなたに対してこれらの考えを広めるのを助けたことに感謝を示すことを望んでいる。

私自身、連邦刑務所で比較的短い間を過ごした者として、あなたに知ってほしい。

たとえあなたが外の世界にあるほぼすべての物、人から切り離されているとしても、あなたは忘れられてはいない。

そして、私たちの多くは非暴力的な麻薬患者と一緒にあなたの解放に向けて動いている。

 

心から誠意を込めて。

ロジャー・ヴィアー

 

参照 https://news.bitcoin.com/dear-ross-ulbricht-roger-ver/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ