消費者の3% デジタル通貨で買物先を変更

アメリカの消費者に対する調査によれば、もし小売業者がビットコインを決済手段として受け入れた場合、少なくとも一定の消費者はある特定の小売業で買い物を始める意思があるということがわかった。

Acquity Group というデジタルマーケット会社によって行われた Next Generation of Commerce (次世代の商取引)調査は2,035人を対象に電子商取引、消費者の忠実性、モバイルエンゲージメントなど含め幅広いテーマに対しフィードバックを得た。

回答者のうち3%がビットコインや他のデジタル通貨を小売業者が受け入れ始めた場合、消費者はある特定の小売業にその買い物先を変更する意思があることを示した。

18~22歳の回答者がもっともこの変化を起こしやすく、58~68歳の回答者はその意思がもっとも少なかった。

回答者のうち18%は小売業者が割引やクーポンなどに交換できる通貨として社会的な契約を行う場合、ある特定の小売業に買い物先を変更すると述べた。

参照 http://www.coindesk.com/survey-3-of-consumers-would-switch-retailers-for-bitcoin/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ