Ethcore イサリアム企業受入促進に75万ドル獲得

イメージ画像:Ethcore イサリアム企業受入促進に75万ドル獲得

ブロックチェーンプロジェクトの元創設者の1人により始められたイサリアム開発スタートアップが、プレ・シードファンディングで75万ドルを獲得した。

イサリアムの最高技術責任者ギャビン・ウッド氏によって設立されたEthcoreは、企業利用が徐々に発展することを望み、商品開発を進めるための入札の一部としてその投資を獲得した。

ブロックチェーンキャピタルとFenbushiキャピタルがその投資ラウンドに参加した。

ウッド氏は、その投資はEthCoreがParityと呼ばれるイサリアムクライアント1.0のリリースを進め、私的にあるいは共同体によるプロジェクトのためにプラットフォーム利用を模索する企業が増加していることに対して役に立つ新たな開発ライブラリを作るのを助けるだろうと述べた。

彼はコインデスクに対して、

「私たちはイサリアムがどのように企業に対して準備出来るかの調査を開始できる投資を得られたことに嬉しく思います」

と述べた。

その投資はブロックチェーンに特化してきたベンチャー投資家から、イサリアムの経済システムでの機会について、興奮が増してきている中での出来事だ。

彼はその投資がスタートアップにとって取引を魅力的にした要因だと語った。

「私たちはイサリアムにあまり投資していなかったベンチャー投資企業のために、より注目を集めるための方法を本当に提供したかったのです」と語った。

現在までビットコインとブロックチェーンに特化してきた多くのベンチャー投資企業が、イサリアム企業を潜在的な投資先として評価し始めており、その経済システムは5千万ドルのベンチャー投資を獲得し、ブロックチェーンアプリへの投資を模索しているFenbushiのような独自のベンチャー投資企業さえも惹き付けた。

昨年9月に発表された投資はイサリアムの創設者Vitalik Buterin氏とBitShares(ビットシェアーズ)の共同創設者Bo Shen氏によって創設され、中国にある自動車複合企業Wanxiangグループからの投資を受け取った。

参照 http://www.coindesk.com/ethcore-750000-ethereum-enterprise/


イサリアムの創設者であるヴィタリクは若干22歳の若者で、ビットコインマガジンの編集長だった男性です。

『Rise and Rise of Bitcoin』というドキュメンタリー映画にも登場する、いわゆるビットコインコミュニティの有名人でもあります。

今後の活躍に期待です。

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ