イサリアムクラシックが動き出す!

イメージ画像:イサリアムクラシックが動き出す!

その価格はイサリアムと同等になる、という専門家もいるイサリアムクラシックのコミュニティがいよいよ動き出します。このような活動により本格的にその価格上昇に向っていきそうですね、期待大です。


 

(以下、Coindeskの記事より)

イサリアムの元祖ブロックチェーンはただでは死なない。

7月のイサリアムネットワークのハードフォークの結果、そのブロックチェーンは生き残っただけでなく、非中央集権型のアプリケーションプラットフォームの競合型として進化している。

いま、そのプラットフォームのサポーターが動き始めている。

この動きの一部として、イサリアムクラシックのサポーターたちが新たに作られたコミュニティの打ち上げ台とみなす最初の公式ミートアップを今週ロンドンで開催した。

とりわけ、そのミートアップはプロジェクト目標の概要とネットワークハードフォークの金銭的・法的な意味合いを提供することを目的とした。

ミートアップは運営リーダーであるArvicco氏によって、サポーターが乱用の連続と見なしている物に関係するシステムをどう支援したくないのかに特に言及するコメントで始まった。

彼は発表でこう述べた。

「その価値を定義しそれを守るコミュニティだけが、どんなことが起ころうとも、自由で強制のない奉仕的な協力の世界で成功するだろう」。

イベントのスライドショーによるプレゼンテーションは、チームがまたどのようにプロジェクトを前進させようとするかのロードマップを提示するのに熱心であることを示した。

これはイサリアムクライアントをイサリアムクラシックに移植(ポーティング:コンピュータ用語)することや、新たなネットワークツールの開始を支援すること、そして開発者がイサリアムで計画されたPOSシステムから分離するコンセンサスの構造をどのように創れるかを探求することを含む。

おそらく注目すべきはビットコイン投資家でイサリアムマイナーのチャンドラー・グオ氏の出演だった。

「私は以前間違いを犯した」。

グオ氏はイサリアムをハードフォークするという最初の決定についてそう述べた。

彼は後に中国のイサリアムサポーターにイサリアムクラシックをサポートするように呼びかけた。

「これはジョークじゃない。これは革命だ。これは自由だ。イサリアムクラシックに神のご加護を」とグオ氏は言った。

運営者は次のイサリアムクラシックミートアップはチューリヒ、上海、メルボルンとトロントで開催される予定だと述べた。

イベントのスライドショー完全版はこちらでご覧下さい。

 

参照 http://www.coindesk.com/ethereum-classic-london-meetup/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ