暗号通貨そして取引所、諸々。

暗号通貨界隈が日本でもようやく賑わい始めている。

ビットコインを始めとした仮想通貨(と呼んでいるが)を「通貨」として認め、法制化をしていくという動きが先日、新聞紙上でも大きく取り上げられている。

日本経済新聞では日本のマイナス金利導入に関して、今後ビットコインを始めとした暗号通貨に資金が流れるのではないか、という記事が掲載されていた。

法制化についてはマネロン対策・税金対策といった観点もさることながら業界の発展、利用者保護の観点から是非議論して頂きその内容を盛り込んでほしいと思う。

取引所も動きを加速している。

QUOINEはイサリアムの取り扱いを開始した。

口座保有者へのメルマガで「国内初」を謳っている。

既にKrakenではイサリアムを取り扱っているわけだが、海外でスタートした取引所であるから除外していると思われる。

QUOINEでは日本円/イサリアムで取引が出来るようになっている。

Zaif(ザイフ)は日々ビットコイン(とモナコイン)と日本円の交換レート通知メールを送るサービスを提供し、BitbankはビットコインのFXを提供している。

しかもBitbankの提供するFXは損失幅が最大でも0円ということで、リスクをおさえた上で安心して取引が出来るようになっている。

日本のユーザーは今後、日本政府の動向を睨みながら、取引所の特徴も比較し自身にあった投資を行っていく必要があるだろう。

直近ではビットコインとイーサリアムが反対の値動きを示しており、この2つの暗号通貨にどのように資金を投入していくか戦略が求められているように思える。

一方で長期的視点に立てば、いまだ価格高騰の話題には上がって来ていないが、可能性を秘めた暗号通貨が数百にのぼる中にいくつか存在しているだろう。

株も面白いし、金や不動産など実物資産も面白いだろう。

しかし、これからは是非ポートフォリアに暗号通貨も取り入れてみてはどうだろうか。

産業の発展を支援する意味でも意義のある投資になるだろう。

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ