ブロックチェーン利用し、学位偽造を防止

イメージ画像:ブロックチェーン利用し、学位偽造を防止

サンフランシスコの新しいソフトエンジニアリングスクール、Holberton(ホルバートン)がビットコイン技術を用いて学位偽造の問題に取り組むことを発表した。

10代の若者ルイストン・デュモントによって設立された新興企業Bitproof(ビットプルーフ)との提携により、ホルバートンは全ての卒業生にデジタル証明書番号を用いてビットコインのブロックチェーン上で認証される証明書を発行する。

偽造の学位の流布に関する統計が乏しい一方、最近の統計では86%の雇用者が就職希望者の職務経歴書に嘘があると答えた。

さらに偽の証明書は広く入手可能で安く手に入る。

学位情報をブロックチェーンに書き込むことは雇用者にとってより迅速で、より安価な解決策だ、とホルバートンスクールの共同設立者シルベイン・カラチェ氏は語った。

「ブロックチェーンはあなたがその産業において今日見つけられる物より、もっと効率的で安全でシンプルだ。私たちは最優先に学生のことを思う。それゆえ私たちの証明書が常に正当で雇用者が認証できる物であることを確認したい。ブロックチェーンはまたコピーや改変を不可能にし、証明書を安全に保つだろう」。

「ブロックチェーンは証明の未来である。私たちは数年内により多くの学校が証明書や学位の安全を確保するために公開ブロックチェーンを使うだろうと思っている」と彼は加えた。

実際に、キプロスのニコシア大学は先月9月そのMOOC(ムーク;インターネットを使って受講する大規模なオンライン講義)入門のためにブロックチェーンで認証可能な証明書を発行し始めた。

一方、他の学校はその技術を教室に導入している。

ホルバートンスクールは今月上旬開校し、シリコンバレーのエリートからプログラマー不足に取り組むために2百万ドルの融資を得た。

理論に傾倒した従来のコースへの選択肢として、スクールは32名の何でもこなせるエンジニアを2年間で育成することを目的としている。

来年1月、新入生はホルバートンにて入学初日に自身のノートパソコンを作る。

参照 http://www.coindesk.com/software-school-tackles-fake-degrees-using-the-blockchain/

これがビットコイン2.0と呼ばれるブロックチェーン技術の利用方法群の一つだ。

ビットコインは非常に面白いアイデアだが、それを裏付けるブロックチェーン技術の利用可能性はさらに範囲を広げる。

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ