日本の金融庁 ビットコイン取引所対策検討

日本政府はビットコイン取引所マウントゴックスの破産を契機にビットコイン関連の活動を規制する方向により積極的に動いている。

日経新聞によれば、金融庁の選ばれた委員会のメンバーがビットコイン関連ビジネスの規制枠組みの草案を検討しているという。

政府は過去にマウントゴックスの破産に対応して、ビットコインビジネスにより深い洞察を行おうとしていることを示唆した。

CEOのマーク・カルプレスが今年複数の逮捕に直面したことは2014年のその日本に拠点を置く会社の破産に新たな注目をもたらした。

「日本は仮想通貨のメカニズムに十分な洞察を必要としている。マネーロンダリングの存在を確認し防御する方法を含めて、金融庁の委員会メンバーが今週月曜の会議で同意した」と金融庁は報告した。

金融審議会は報道の通りビットコイン取引所の登録制と消費者保護関連の基準を採用することを検討している。

その報道によれば、会議のメンバーはその産業と協働するオープンさを表明し、仮想通貨取引所の運営者を彼らの知識と規制の考えを共有するために招待したとのことだ。

日本政府がビットコインの活動を監督するために動いているという報道は-同時にブロックチェーンのコンセプトをより幅広く探求している-今年早晩に現われた。

当時、財務大臣の麻生太郎氏は政府は取るべく方策のためのステップを知らせるために研究を行う必要があると述べた。

参照 http://www.coindesk.com/japan-regulators-police-domestic-bitcoin-exchanges/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ