ニューハンプシャー議員 Bitcoin納税法否決

イメージ画像:ニューハンプシャー議員 Bitcoin納税法否決

ニューハンプシャー州住民が税金をビットコインで支払うことを認める立法上の努力は打ち負かされた。

ニューハンプシャー下院は投票により264対74で1月20日、この法案を潰した。

その法案が導入された1年後の動きであった。

法案は下院議員の Eric Schleien氏によって昨年1月に導入されニューハンプシャー州の市民がデジタル通貨を使って税金その他の手数料を支払うことを許可する提案を行った。

もし法案が通過したら、ニューハンプシャー州収入役は取引を進めるビットコイン決済企業を選び、2017年1月までにビットコイン決済の受け入れ方法を準備することを義務づけられただろう。

しかしその法案は最初の討論の間、反対に直面した。

その当時の議員はビットコインの上下変動する市場価格のせいで、州が経験するであろう相場の危険性について疑問を上げた。

昨秋、法案を秤にかけることを課せられた小委員会はそれを『法制化するには不適当』(法律専門用語で法案は潰されるべき)−であることに投票すべきだと薦めた。

コメントを求められSchleien氏はコインデスクに対し、将来へのステップはそれらの法案に賛成した下院議員と一緒に仕事して、今から2年後に同様の法案を提出することを狙っていると語った。

「その法案に74の賛成票が投じられた。初めてにしては上出来だ。より教育と普及活動が必要で、より行動が求められる」

とSchleien氏は述べた。

 

上記は以下ページの和訳です。

参照 http://www.coindesk.com/new-hampshire-legislators-vote-down-bitcoin-tax-bill/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ