マウントゴックスCEOマルク・カルプレス保釈

イメージ画像:マウントゴックスCEOマルク・カルプレス保釈

報道によれば、マウントゴックスCEOマルク・カルプレスが横領の罪で罰せられたその10ヶ月後(一昨日)、保釈されたとのことだ。

カルプレスは世界最大の取引額を誇り現在は消滅したマウントゴックスの破綻に関する調査の中、9月にその罪を問われた。

マウントゴックスは2014年早い時期に数百万ドル相当の顧客のビットコインを喪失したことを明らかにし破綻した。

日本のメディアnews24によれば、カルプレスは保釈前に1千万円を支払ったとのことだ。

カルプレスはその申し立てられた横領の調査に関連して昨年2回逮捕された。

当時、地元メディアでは、警察はカルプレスがマウントゴックスの資金のうち、3億2100万円を横領したと疑いがあるという主張が明るみに出た。

マウントゴックスの破綻は最終的に、日本の規制当局のデジタル通貨取引に対するより緊密な監視の取り組みを刺激した。

日本の規制当局は最近、取引所を国のアンチマネーロンダリングと顧客熟知規則の下におく法律を通したが、その動きはビットコインに関連する人々や企業に不安をもたらすかもしれないという人もいる。

参照 http://www.coindesk.com/bitcoin-mt-gox-ceo-mark-karpeles-released-bail/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ