ATMロボコイン、Bitcoinサービス終了

イメージ画像:ATMロボコイン、Bitcoinサービス終了

ビットコインATMのRobocoin(ロボコイン)として開始した送金サービス業者Romitがそのビットコインサービスを終了すると語った。

その企業は1月15日顧客に対してビットコイン関連サービスを停止するため、資金を引き出すことを薦めると述べた。

グローバル送金決済を目的としたウォレットサービスを提供するRomitはユーザーに送られた文書メッセージによれば、2月15日正式にビットコインサービス終了を予定しているとのことだ。

コメントを求められたRomitはコインデスクに対してその発表をしたEメールを提供した。それは、

「私達は商品販売の中でビットコインサービスについて継続しない予定です。ウォレットにログインしてすぐあなたのビットコインを引き出して下さい」と述べている。

そのEメールは増加するウェブサイトへのアクセスのため、引き出しには時間を要するとしている。

そのサービス停止はRomitがビットコインATMハードウェアのビジネスモデルからソフトウェアと送金にシフトした数ヶ月後のことである。

Romitのウェブサイトは携帯決済ユーザーのためのカードによる保存サービスを販売し、従来の決済手段に向けて動いていることを示している。

ロボコインとして、企業は最初のビットコインATM関連に新規加入した1つであった。

それはハードウェアとソフトウェアの問題や返金が意図的に保留された申し立てについて運営者から批判される中、徐々に失われた立ち位置だった。

その論争は結局いくつかのロボコイン運営者が他のハード・ソフトウェア提供業者へシフトすることを促した。

Romitはサービス停止をした動機やなぜこの時期なのかについて、問い合わせにすぐには返答しなかった。

 

上記は以下ページの和訳です。

参照 http://www.coindesk.com/robocoin-romit-ends-bitcoin-services/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ