ナカモトサトシ正体 44歳豪州起業家と報道

イメージ画像:ナカモトサトシ正体 44歳豪州起業家と報道

オンライン雑誌WiredとGizmodoによる新たな報道が偽名のビットコイン創造者、ナカモトサトシはオーストラリア人起業家Craig S Wright氏であるとみなした。

WIREDは、Eメールやコピーその他ビットコインの創造におけるWrightの役割を指す書類の隠し物を提供したWrightに近い匿名の情報源を引用している。

GizmodoはWright氏の仕事上のEメールアカウントをハッキングしたと主張する誰かを情報源とする書類の隠し物と彼に近い人物にインタビューした努力を引用した。

そのニュースの出口はさらに2013年に死亡したコンピュータ犯罪専門家のDave Kleiman氏がビットコインの創造に重要な役割を演じたと主張した。

GizmodoによればKleiman氏は「深くその通貨とWright氏の計画に関わっているように思えるとし、彼の早期の役割を以ってすればかなりの量のビットコインを保有しているかもしれない」とした。

WIREDの場合においてはその情報がおそらくWright氏自身によってでっちあげられたかもしれないという注意書きがあることは言及しておくべきだ。

Greenberg氏とBranwen氏はこう書く。

「数多くの証拠の貴重な発見にも関わらず、私たちはまだ本当に確かにはその謎が解けたとは言うことが出来ません。しかし2つの可能性が他の可能性に対し勝っています。Wright氏がビットコインを発明したか、あるいは彼がとてもひどく私たちに彼がそうしたのだと信させたい、悪ふざけの過ぎる優秀な奴かいずれかということです」。

Wright氏とサトシが関係している、という考え方は他の観察者によって広められた悪ふざけにしか過ぎない。

しかしGizmodoとWIREDの双方による、人をひきつけるその証拠の本質はいつかその時が来るという思い巡りを満たすことは疑いもない。

実際Wright氏とはどんな人物なのか。

Wright氏に帰属するLinkedINのアカウントはこの記事を書いている段階でまだアクティブでDenariuzと呼ばれるビットコインを基にした銀行をつくる努力が背景にある企業 Hotwire Pre-Emptive Intelligence Groupを含めた一連の企業での仕事を詳述している。

その努力は後にオーストラリア税務署との問題に出くわすことになった。

その2014年6月に設立されたその企業の発表によれば、Denariuzは5,6年以内にオーストラリアで第二列に並ぶ銀行の中に入ることを目的としていた。

GizmodoはWright氏とATO間の関係をかなり追跡し、Wright氏が省庁担当者達との会議の間にビットコインの発展と彼との関係を引き合いに出したことを示している。

さらにそのLinkedInの投稿はWright氏が米国政府内の様々な機関の代表と仕事上の関係を持っていたことを示している。

The Global Institute for Cyber Security + Researchと呼ばれる会社の仕事の一部として、アジア太平洋の監督責任者であり副社長の立場で、Wright氏はNSA(国家安全保障局)、DHS(米国土安全保障省)、北米航空宇宙局、DSDや地方の政府母体と幹部レベルの関係を育成したことに対して責任があった。

彼がサトシであろうとなかろうと、Wright氏は自身のツイッターのアカウントをプライベート設定にした後に削除することでオンラインでの視界を減らす努力を行った。

Gizmodoは彼のツイートがその調査の間、プライベートに設定されていたと報じた。

Wright氏はすぐにはコメントの要求に応えなかった。

5月にWright氏からCoinDeskに送られた彼のアメリカの電話番号は電話してもつながらなかった。

 

上記は以下ページの和訳です。

参照 http://www.coindesk.com/new-reports-claim-satoshi-nakamoto-might-be-44-year-old-australian/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ