ノーベル委員会Bitcoin創造者ノミネート議論

アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞のためのノーベル委員会(ノーベル経済学賞として一般に知られる)はビットコインの創造者、ナカモト・サトシのノミネートについて議論する準備に入った。

その動きはUCLAの金融学教授、Bhagman Chowdhry氏がハフィントンポスト紙にオプ・エド(発行元とは関係ない人物がその意見を著したもの)を書き、氏がナカモトを賞にノミネートする意思を表明した。

彼の広範囲に渡って援護射撃をした記事の中で、Chowdhry氏はナカモトがその賞に値する理由を彼の発明、ビットコインが革命的であるのに何の不足もないこととしている。

しかしながら彼のその意思の発表に続いて、複数の読者がChowdhry氏はナカモトを支持するという意図を公に明らかにすることによってノミネートのルールを破っているのではないか、と疑問の声を上げた。

コメントを求められ、Goran K.Hansson氏(スウェーデン王立科学アカデミー事務総長)はノーベル賞を授与するその組織がルール違反について議論する可能性を示唆した。

Hansson氏はコインデスクにこう語った。

「スウェーデン王立科学アカデミーはノーベル経済学賞へのノミネートは秘匿されることを要求しています。これは明らかにその指名者への招待状で述べられています。ノーベル賞委員会は現在、具体的な問題について議論するつもりです」。

Maria von Konow氏(ノーベルメディア・コミュニケーションマネージャー)は以前コインデスクに対して、次のルールがノミネートに適用されると語った。

「ノーベル財団の定款は50年間公にも私にもノミネートについての情報公開を制限しています。その制限は指名者と候補者同様に受賞に関しての調査や意見に関係しています」。

Hansson氏はやがて来る議論の性質について細かい言及をせず、可能性のある結果についての問いに即答はしなかった。

 

上記は以下ページの和訳です。

参照 http://www.coindesk.com/nobel-committee-discuss-satoshi-nakamoto-nomination/

 

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ