SBIインベストメント、Krakenに投資

イメージ画像:SBIインベストメント、Krakenに投資

日本のベンチャーキャピタル会社SBIインベストメント株式会社はビットコイン交換所Kraken(クラーケン)へのシリーズB投資ラウンドをリードしている。

取引の条件は明らかになっていないが、クラーケンは数百万ドルの投資がSBIとの間で同意されたと語った。

クラーケンはいつそのシリーズBラウンドが完了すると予期しているかについて言及しなかった。

「シリーズB完了に向けて素晴らしい第一歩です。そしてその一歩は私たちがついにビジネスを世界中に拡大することを可能にします」と代表取締役のジェシー・パウエル氏は語った。

SBIインベストメント株式会社はSBIホールディングスのベンチャーキャピタル部門で、2015年におおよそ20億ドルの営業収益を報告したインターネットベースの金融グループである。

その企業は最近、リップルとともにアジア市場に焦点を当てた新会社を設立するために取り組むことを発表した。

その発表はクラーケンがニューヨークに拠点を置く交換所Coinsetter(コインセッター)を非公開取引で買収することを明らかにした直後のことである。

クラーケンは2014年3月にシリーズA投資ラウンドを終了し、初期ベンチャー投資企業であるハミングバードベンチャーズによって行われたそのラウンドで500万ドルを獲得した。

 

上記は以下ページの和訳です。

http://www.coindesk.com/japanese-financial-giant-invests-in-bitcoin-exchange-kraken/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ