スイス 市政サービスでビットコイン決済受入れ

イメージ画像:スイス 市政サービスでビットコイン決済受入れ

スイスのツーク市は地元市民が公共サービスに対してデジタル通貨を使って支払うことを許可するビットコイン決済プロジェクトの計画を発表した。

スイスのタックスヘイブンと関連し、長く金融ハブとしてよく知られているツーク市は5月3日の地元政府の公聴会にてイニシアティブを開始した。

その動きはイニシアティブを200フラン(報道時およそ0.44BTC)費用がかかる公共の義務の為のビットコイン受入効果を査定する手段と特徴づけられ、市の公式ウェブサイトで発表された。

市は次のように説明する。

「市政のパイロットプロジェクトは最初に市の居住者が訓練する課金可能なサービスへの200フランに限定されている。2016年の終わりにはそこで学んだ教訓の分析を行う。それから…、市議会はビットコインと多くの他のデジタル通貨を将来他の都市サービスのための決済手段として受入れるべきか決定する予定だ」。

ビットコインを納税者の選択肢として加えるというアイデアは新しくはないが、ツーク市の計画は勿論そのコンセプトが振り出しから試験機関にまで進んだ事例の1つだ。

市や州はその概念を軽々しく扱ってきたが多くの事例でそのアイデアは流行らなかった。

その動きはおそらく地域のデジタル通貨スタートアップの接近を考慮に入れるならば、若干物足りないものだった。

Xapo、ShapeShiftそしてMonetasのような企業がツーク市またはその近辺に位置している。

市長のDolfi Müller氏は声明で、計画がその地域により多くの金融技術企業を惹き付けることを望む、と述べた。

加えて

「私たちの目標はより詳細に私たちの住む経済環境の最適な発展のために必要なことを満たすことです」。

参照 http://www.coindesk.com/swiss-city-bitcoin-payments-government-services/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ