独技術マガジン t3n 給与支払をビットコインで

イメージ画像:独技術マガジン t3n 給与支払をビットコインで

ドイツの技術マガジンt3nはいま従業員が給料の一部をビットコインで受け取るのを認める予定だと発表した。

そのニュースはt3nと地元のビットコインスタートアップPEYの提携の結果だ。

PEYはいま、米国に拠点を置くスタートアップBitPayとともにビットコインビジネスのための支払ソリューションを開発している。

t3nは11月より従業員が毎回の給与明細で20ユーロ相当のビットコインを受け取る給与支払簿サービスの試行を始めている。

しかしながらこの20ユーロを労働者は支払をそのリスク許容度によって調整できる。

ブログ投稿でマガジンはその試行をビットコインのエコシステムをより広め、その技術についてより学ぶためだと言い次のように書いている。

「新しい給与支払方法を強化する1つの動機はもちろん、新たな技術とそのユーザーによる日常生活への適用に対する編集的興味に関連している」。

t3nは観察者の役割を脱し、ビットコインがビジネスに適用される潜在的可能性を模索するのに関ることを熱望している、と続けた。

t3nにとって注目に値する付加価値は、企業がデジタル通貨はドイツで法定貨幣と見做されないことにより、免税の恩恵を受けるものとして提供していることだ。

PEYのビットコイン支払サービスは現在ドイツ市場でのみ利用可能だ。

しかしPEYは数ヶ月内により多くの国々の従業員に広めようとしていることを示した。

 

参照 http://www.coindesk.com/german-tech-magazine-trials-employee-bitcoin-payroll/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ