台湾金融規制当局Bitcoin禁止または?

イメージ画像:台湾金融規制当局Bitcoin禁止または?

新たな声明では台湾の金融監督委員会(FSC)、そのトップの銀行、保険と安全規制当局はビットコインに対する態度を最近のより制限する政策に向かって動いているのではないかという憶測があるにも関わらず中立的であることを示した。

今月早々、台湾ニュースサービス・セントラルニュースエージェンシーが報告したことによれば、金融監督委員会は新たにビットコインとデジタル通貨について声明を発表し、それを「違法」と見做すとした。

その声明は金融監督委員会チーフのTesng Ming-chung氏(直接は示されなかった)が報道によれば、立法公聴会がデジタル通貨を違法であるとした際に言ったとされる。

セントラルニュースエージェンシーはさらにTseng氏が、「金融監督委員会は国家の中央銀行や警察といかなる違法行為も取り締まるよう協力する」と公約したことを報じた。

それは金融規制当局がデジタル通貨を利用する違法行為に対して行動を起こそうとしているという憶測への引き金となった。

しかしながらコインデスクへの新たな声明において、代理人は最近の憶測は報道されている通りではなく正しくないとした。

金融監督委員会の銀行局はコインデスクにEメールでこう回答した。

「2013年の終わり、中華民国(台湾)の中央銀行と金融監督委員会はビットコインを仮想商品と定義したという共同声明をリリースした。その通貨ではない性質とビットコインの危険性を熟慮し、金融監督委員会は台湾の銀行にビットコインを受け取ったり交換しないように求めた。現在金融監督委員会のこの問題についての立場は以前と変わらない」。

その声明は2014年1月に国内でビットコインATM運営者がロボコイン(ビットコインATMの一種)を設置するのをとめたときに発せられた声明とよく似ている。

当時エージェンシーは銀行がビットコインに触れることを許可されていないとし、ビットコインATMを設置することは金融監督委員会からの承認を必要とするし、それは許可されないだろうと語った。

エージェンシーは特定の種類のデジタル通貨活動を禁止しようとするか、即座にそれを禁止するかの輪郭を描くことはなかった。

 

上記は以下のページの和訳です。

参照 http://www.coindesk.com/taiwan-finance-regulation-bitcoin-ban/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ