ユニセフイノベーション基金、Blockchain投資へ

イメージ画像:ユニセフイノベーション基金、Blockchain投資へ

国際連合児童基金(UNICEF)はブロックチェーンスタートアップやイニシアティブへ投資する可能性を示唆した。

1946年に設立されたユニセフは貧しい地域に住む子どもや家族を支援することを目的とした人道的支援を促進するために専心している。

ユニセフは昨年5月に開始したそのイノベーションファンドから投資の申し出を受入れていることを本日発表した。

ユニセフはそのファンドが投資のために3つの領域に焦点を当てているとした。

それらは学習商材、リアルタイム情報伝達、サービスと情報へのアクセスを増加させるインフラである。

ユニセフのイノベーション支援を共にリードするクリストファー・ファビアン氏はその発表において、ブロックチェーンに焦点を当てたプロジェクトはファンドから支援を得ることが出来るだろうと示し、現在までに900万ドルを獲得している。

ファビアン氏曰く、

「これら3つの領域はブロックチェーン、3D印刷、ウェアラブル、センサー、人工知能そして再生エネルギーのような急速に変化しつつある技術のおかげで投資が熟している」。

そのプログラムに資格を得るために候補者はオープンソースで試作段階の製品を持っていなければならない。

申込締め切りは2月26日だ。

 

上記は以下ページの和訳です。

 

参照 http://www.coindesk.com/unicef-innovation-blockchain-investments/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ