匿名の入札者、米政府オークションで160万ドル相当のビットコインを購入

イメージ画像:匿名の入札者、米政府オークションで160万ドル相当のビットコインを購入

本日、米連邦保安局によって催されたオークションで勝利した入札者が2700ビットコイン(158万ドル相当)を獲得した。

米連邦保安局の代表がコインデスクに対し、協定世界時13時~19時の間に4回の入札がオークションで受けられたことを認めた。

米連邦保安局によって催されたこれまでで最少規模のそのイベントでは、シルクロードの首謀者と目されているロス・ウィリアム・ウルブリヒト氏と前連邦捜査官カール・フォース四世による事件で押収されたビットコインが売却可能となった。

合計でたった5人の登録された入札者が2700ビットコインの一塊を手に入れようとした、と代表は言った。

昨年11月に行われた最近の同オークションで見られたものより参加者が少なかった。

以前のオークションでは米連邦保安局代表は獲得した入札者は現在もし望めば、自らを知らしめることが出来ると言った。

以前の獲得者にはビットコイン交換所のイットビット(itBit)、投資家ティム・ドレイパー氏、対面取引企業カンバーランド・マイニングが含まれている。

 

参照 http://www.coindesk.com/unknown-bidder-buys-1-6-million-bitcoin-us-government-auction/

 

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ