世界経済フォーラム2016 Fintechの衝撃

イメージ画像:世界経済フォーラム2016 Fintechの衝撃

ダボスで1月20日〜23日に開かれる世界経済フォーラム年次総会2016はサイバーフィジカルシステムとフィンテックの革新的ソリューションズに大いに注目をすることを約束している。

今年は多くの会議が世界経済の生態系を変える新出技術と第4次産業革命に捧げられるだろう。

世界経済フォーラムの公式ウェブサイト上のKlaus Schwab氏による最新の議題の1つによれば、

「前例となった革命のように第4次産業革命(サイバーフィジカルシステム)は地球規模で収入レベルを上げ、世界中の人々の生活の質を高める潜在的可能性を持っている」。

Rippleの協同設立者であるChris Larsen氏も今年の世界経済フォーラムに参加する予定だ。

そういうわけでビットコイン・コミュニティはダボスからまもなくやってくる新たな熱い話題を待っているかもしれない。

昨年ダボスはすでにデジタル通貨とビットコインについて語った。

今年はMauricio MacriEvgeny Kasperskyのような他に沢山のビットコインとブロックチェーンの支援者がダボスにいるので、私たちは幸運にももっと話を聞けるかもしれない。

 

上記は以下のページの和訳です。

参照 http://cointelegraph.com/news/116077/fintech-to-bang-at-the-world-economic-forum-2016

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ