ウィンクルボス兄弟、大量のイーサ保有を示唆

イメージ画像:ウィンクルボス兄弟、大量のイーサ保有を示唆

タイラー&キャメロン・ウィンクルボスは、イサリアムブロックチェーンを駆動するデジタル資産イーサに個人的に投資していることを明らかにした。

その発表はニューヨーク金融サービス局が、兄弟のデジタル通貨取引所であるGeminiの取り扱い商品としてイサリアムを追加することを許可したというニュースの後に続くものだ。

インタビューでタイラー・ウィンクルボスは来週のスタートに関する開示の一部として彼らの投資を明らかにしたかったと言った。

ウィンクルボスはコインデスクに対してこう言った。

「私たちは投資をした。イーサを保有している」。

ウィンクルボスは彼とその兄弟が今年早い段階でイーサを取得し始めたと言った。

いくら購入したかは示されていないが、ウィンクルボスは「それなりの」額だと言った。

ウィンクルボス兄弟のイーサ(※訳者注:ビットコインの間違い)市場への入りは2013年4月で知られるところによれば、市場に出回っているビットコインの1%を保有していると報じられている。

その額は108,000BTCと見積もられ、現在価格で約4,860万ドルだ。

イーサが兄弟の注目を得たのは昨年で、デジタル通貨コミュニティのメンバーの間で人気になったときだ。

それから取引所Geminiの顧客がイーサを目録として加えてほしいと求め始めた、とウィンクルボスは語った。

資産種目としてイーサを調査する間、兄弟は彼らがその優れた属性と評するものに惹き付けられた。

曰く、イーサはチューリング完全なコンピュータ言語で、異なるスマートコントラクトの仕事を行うためのエネルギーとして使えるという。

タイラー・ウィンクルボスは資産クラスとしてのビットコインの価値をいまでも信じていると語るが、ビットコインとイーサの違いは彼らがイーサに投資し他の人々も同様にすることを助けるために取引所を開くことを奮起させたとする。

「私たちはコミュニティとそれに時間をかける人々の両方を見ている」としてタイラー・ウィンクルボスは加えて

「私たちはビットコインとイサリアムが違う道を行くが、お互いに食い合うことはないと見ている」と語った。

しかし、新たな投資ツールの追加だけにとどまらない。

報道時現在、Geminiは1日に811BTC(およそ36万ドル)を扱っており、itBitやCoinbaseといった米国で管理される他の取引所よりも低い数字だ(それぞれおよそ3,000BTC、5,000BTC)。

しかしタイラー・ウィンクルボスはコインデスクに対して企業の取引量は期待する成長と歩調を合わせており、他の競合とは一線を画していると話す。

彼はコインデスクにこう語った。

「私たちは自分たちより長い歴史がある取引所と自分たちを比べないし、他国や規制を受けずにビジネスを行っている人々と比べるつもりはない」。

イーサ取引は米国時間(EST)月曜午前9:30に開始予定だ。

 

参照 http://www.coindesk.com/winklevoss-brothers-invest-ether-leading-launch/

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ