ZapChain、35万ドルを資金調達

イメージ画像:ZapChain、35万ドルを資金調達

ビットコインを原動力とするソーシャルメディア・プラットフォーム、ZapChain(ザップ・チェーン)はビジネスを始めるための資金として35万ドルを調達し、新しいデジタル商品の第一歩を本日Coinbase(ビットコイン取引所大手コインベース)と提携し開始している。

その資金はベンチャー投資家とDraper Fisher Jurvetson(DFJ)パートナーのTim Draper(ティム・ドゥレイパー)氏、Boost VC創設者でCEOのAdam Draper(アダム・ドゥレイパー)氏とBoost Bitcoin Fundによって調達された。

ザップ・チェーン最高執行責任者Dan Cawrey(ダン・カウリー)氏によれば、その資金はコンテンツクリエイターやデジタルコミュニティの一員たちの地位を拡大するために使われるとのことだ。

「私はザップ・チェーンに投資した。なぜならその会社はビットコインに最も高く最も良い利用を与えているからだ」とティム・ドゥレイパー氏は発言した。

「私はブロックチェーンが銀行における摩擦なしでいかにジャーナリスト達や他のメディア・プロデューサーたちへの小額支払を簡単に行うことが出来るかということに興奮している」。

そのサイトはコインベースと提携していることが本日明らかとなり、そのプラットフォーム上でデジタル通貨商品の購入を促しながら、利用者がビットコインをザップ・チェーンで売買出来るようにする。

レコーディング・アーティストのTalib Kweli氏は彼の最新アルバム『Indie 500』を個別の歌同様にザップ・チェーンを通して販売する予定だ。

発言においてKweli氏はビットコインを裏付ける技術がより音楽へアクセスできる環境を作り、そして潜在的にはミュージシャンにとって新しい市場を開く可能性があると語った。

「私たちはあなたがどこにいようが、あなたが誰であろうが愛する音楽のために行っていること、そしてそれを愛する人々に送ることを信じている」。

ザップ・チェーンはまた新しいデジタルコミュニティ創造ツールを本日開始している。

利用者はビットコインを使ったコミュニティ販売をカスタマイズすることが出来る。

それは小額支払いという手段がコンテンツを提供し、討論を始めたり、商品やサービスを販売する人々に対してなされるものだということを意味している。

 

上記は以下のページの和訳です。

http://www.coindesk.com/bitcoin-social-network-zapchain-raises-350k/


 

投稿者

関連記事

上へ戻る
お問い合わせ